うつの原因とその症状

ストレスを抱える女性は要注意!

増加傾向にある非定型うつ病とは?

20代後半から30代の女性が多く発症する病気の一つに、非定型うつ病があります。心の病気はまだまだ不明な部分が多く研究も不十分であるため、専門医でも誤診することや病気でないと診断されることが少なくありません。これは以前から神経性といわれてきた部類の病気であり、患者数は少なからず存在していました。しかし近年患者数が増加していることから注目されつつある病気で、今後は詳しい専門医が増えるかもしれません。

一般的なうつ病では、不眠や食欲不振などの症状がありますが、この病気では却って普段よりも良く眠れて良く食べられるなど、一見病気とは思えないのが特徴です。しかし、実際に本人は毎日曇り空のような気分で過ごしているのです。たまに良い出来事があったり楽しい思いをしたりすると、さーっと雲が晴れとたんに元気になりますがそれも長くは続かず、また雲が心を覆ってしまうのです。

この病気に罹りやすいのは、自分が他人にどう見られるかを気にする自意識過剰なタイプといわれています。また、かっこ悪いところを見せたくない思いが強いため、人前に出ると過度に緊張する対人恐怖症の性質も持っていると言われています。さらに他人に過剰に気を遣い、自分よりも他人の気持ちを優先するという性格で、小さい頃から親の言うことに逆らわない“良い子”タイプによく見られています。

治療法としては、お薬や認知行動療法といった精神療法が用いられています。「なぜだかわからないけどいつも不安を感じる」「ずっと元気が出ない」などの実感があるのなら、ぜひ一度お医者さんにかかってみるといいでしょう。

◆うつ病について詳しく知りたいなら→《http://xn--q9jbb1k831pqq6b8z0c.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です